忍者ブログ
バスフィッシング&車好きのおやじブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スーパーGT第2戦を征したのは、ZENT CERUMO SC430
supergt2ndwin.jpg





結果はこちら。
Po Team Driver Time Tire
1 ZENT CERUMO SC430 立川 祐路 1:54'52.997 BS
リチャード・ライアン
2 PETRONAS TOM'S SC430 脇阪 寿一 0'01.888 BS
アンドレ・ロッテラー
3 IMPUL カルソニック GT-R 松田 次生 0'05.210 BS
セバスチャン・フィリップ
4 ENEOS SC430 伊藤 大輔 0'09.585 BS
ビヨン・ビルドハイム
5 ROCKSTAR 童夢 NSX 道上 龍 0'13.897 BS
小暮 卓史
6 KEIHIN NSX 金石 年弘 0'15.354 BS
塚越 広大
7 KRAFT SC430 石浦 宏明 0'17.532 BS
大嶋 和也
8 HIS ADVAN KONDO GT-R J.P・デ・オリベイラ 0'20.330 YH
荒 聖治
9 EPSON NSX ロイック・デュバル 0'24.063 DL
中山 友貴
10 DUNLOP SARD SC430 アンドレ・クート 0'25.904 DL
平手 晃平
11 MOTUL AUTECH GT-R 本山 哲 0'33.361 BS
ブノワ・トレルイエ
12 RAYBRIG NSX 井出 有治 1Lap BS
細川 慎弥
13 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R ロニー・クインタレッリ 5Laps MI
安田 裕信
14 ARTA NSX ラルフ・ファーマン 5Laps BS
伊沢 拓也

優勝した立川祐路選手は、これでSUPER GT/JGTC通算11勝目。

本山哲選手と並んでいた最多勝記録を、単独で伸ばした。




それにしても、今回の立川選手の走りはすごかった(^-^)

ブノワ選手のGT-Rを抜くとき、脇坂選手のSC430をパスする時の、シケインへ2台並んだまま進入したシーンは、数年前を思い出させるような走りでしたよ~。



若い頃の立川選手(立川選手すいませんf ^ ^)のような、エキサイティングな走りでした!




まだ2戦終了しただけですが、今回の優勝で立川/ライアン組がトップに。

2位は、荒/オリベイラ組。

3位に、道上/小暮組。



と、SC430、GT-R、NSXと1台づつとなってはいるのですが、昨年のチャンピオンチーム、MOTUL AUTECH GT-Rが実質ノーポイント。



まるでF1のようですねーf ^ ^;



ただ、スーパーGTはウェイトハンディが課せられ、MOTULは次戦ハンディー0。

トヨタのお膝元富士で、どんな走りをみせてくれますかね~(^-^)

特に、本山選手は今シーズンフォーミュラーニッポンにエントリーせず、スーパーGT1本に絞っての戦いですから、今回はかなりエキサイティングかつ冷静にいくんじゃないでしょうか。


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 
 
↑  ↑  ↑
ランキング参加中、ポチッと押して下さいm(_ _)m
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[01/04 マッキー]
[07/16 山田雄大]
[05/30 山田 雄大]
[05/28 山田 雄大]
[03/24 アブ]
プロフィール
HN:
バス太郎
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
バスフィッシング&車
自己紹介:
42歳
超はまり症
目指せチョイ悪オヤジじゃー
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ BassFishing & Car ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]