忍者ブログ
バスフィッシング&車好きのおやじブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久々のモータースポーツネタですf ^ ^;

今年のF1は、コース上でのバトルも熱いですが、コース外でのルール上での揉め事が多いシーズンですねー。

イギリスGPでは、F.アロンソがR.クビサと絡んで、コースをショートカットして、クビサの前で復帰。

「シケイン等のコースショートカットでの追い越しは、ポジションを戻さなくてはならない。」というルールに従わなかった為、アロンソはペナルティー対象となったクビサがリタイアしているにも係らず、ドライブスルーペナルティーを受けることになり、レース後不服申し立てをするなどのトラブルに。



 

ところで、このペナルティーの大元となったレースがこれ。



1989年日本GP。

そう、あの有名なA.セナA.プロストのシケインでの接触事件。





そして翌年の1990年日本GPでのドライバーズミーティング。

FIA側から、出席していたドライバーに対し「コースアウトした際は、元の位置からコース上に復帰をしなくてはならない」と発言。

すると、N.ピケがこの発言に反発。

「なぜ昨年と同じ過ちを繰り返すんだ!シケインを通過できなかった時、コースに安全に復帰するのは一旦停止し、エスケープロードからコースに戻ることだ。マシンをUターンさせてコースに戻すと、後続の車とはち合わせになってよけい危険だ!」と、前年のセナの行動を擁護する発言をする。

するとミーティングに出席していた当時マクラーレンの監督R.デニス「みんなもそう思うかい?」と各選手に同意を求める。

間髪いれずに各選手から「Yes」の声。

そしてR.デニス「Thank you.Thank you very much.」とお礼を言い、前年のセナの行動が間違っていなかったことを証明する。

しかしセナは、昨年の事を思い出してしまったのだろう。

「こんなことはもう耐えられない。昨年の事は本当に馬鹿げていた。僕は今何もいわなかったけど、みんなが賛同してくれた」と怒りを露にし途中退席してしまった。

そのシーンがこの映像。


ここから、シケイン不通過等にペナルティを与えあ始めたはず。




この頃のF1は本当に熱かったですねー(^-^)



今年のF1も、近年まれにみる熱い戦いになっていると思います。

その熱い戦いに水を差さないようにして欲しいですね。

お願いしますよ、フェラーリの方々。




にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ       にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ 
 ↑  ↑  ↑    ↑  ↑  ↑
ランキング参加中。ポチッと御協力お願いしますm(_ _)m

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[01/04 マッキー]
[07/16 山田雄大]
[05/30 山田 雄大]
[05/28 山田 雄大]
[03/24 アブ]
プロフィール
HN:
バス太郎
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
バスフィッシング&車
自己紹介:
42歳
超はまり症
目指せチョイ悪オヤジじゃー
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ BassFishing & Car ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]